船橋市 津田沼 眼科・白内障治療なら さかもと眼科

TEL 047-409-0090 日帰り白内障手術 レーザー治療 眼鏡・コンタクトレンズ処方 多焦点眼内レンズ
初診受付サービス

採用情報

 

ボトックス注射

あなたの状態をチェックしてみましょう。

光がまぶしい  
まばたきの回数が多くなった
片目をつぶる
口元がピクピクする *
まぶたがピクピクする *
目が乾き、ショボショボする
目を開けているのがつらい *
目や目の周囲に違和感や異物感がある
以前のように自然なまばたきができない  
顔がひきつったり、こわばったりゆがんでしまう  
目の下側がピクピクしたり、目が閉じてしまう  
意思とは関係なく目をつぶる

*症状は片側のみ

以下の2つの病気は、病名も一部症状も似ていますが、別々の疾患です。

  • 青色のチェックが2つ以上あれば、眼瞼けいれんの可能性があります。
  • オレンジ色のチェックが2つ以上あれば、片側顔面けいれんの可能性があります。

「眼瞼けいれん」って、どんな病気?

自分の意思に関係なく、両目のまわりの筋肉が勝手にけいれんし、目が開けにくくなる病気です。

眼瞼けいれんの症状は目に現れますが、原因は目やまぶたにあるのではなく、脳内から正しい指令が伝わらず、目の開閉がうまく機能しなくなるものです。

中高年の女性に多くみられます。

中高年の女性に多くみられます。眼瞼けいれんは、50~70歳代の、特に女性に多くみられる病気です。まれに、20歳代でも起こることがあります。
また、女性のかかる割合は、男性の約2倍といわれています。

働く女性眼瞼けいれんは、過剰なストレスや一部の睡眠導入薬が誘因になることもありますが、普通に生活している方にも多い病気です。

初期にはドライアイと似通った症状がみられます。

初期には


初期の場合まぶしい、目をつぶっていた方が楽、目が乾く、目がショボショボするなど多様で、ドライアイと似通った症状がみられます。

進行すると


進行した場合自分の意思で目を開けようとしても、目を開けられなくなり、手を使って開けなければならない場合もあります。

眼瞼けいれんの訴え(来院理由)


グラフ:眼瞼けいれんの訴え(来院理由)

症状が進行すると、まぶたが開かなくなり、目が見えない状態になります。ものにぶつかったり、人によっては抑うつ症状も出てきます。

目の違和感、あきらめていませんか?
下記項目にあてはまるものがあったら、一度医師にご相談ください。


ドライアイの治療を受けても治らない  
更年期の症状だとあきらめている
目が開けづらいので外出をひかえている
まぶしくて帽子やめがねが手放せない
市販の目薬であまりよくならない

「片側顔面けいれん」って、どんな病気?

自分の意思に関係なく、顔の片側の筋肉だけが勝手にピクピクする病気です。

顔面神経は、目をつぶったり、口の開け閉めや笑う時に使う筋肉を動かす神経です。通常、この神経は自分の意思で働きます。ところが、この病気の場合、顔面神経が何らかの原因で隣り合っている血管に刺激され、自分の意思に関係なく勝手に目のまわりや口・ほお・あごの筋肉が動いてしまいます。

中高年の女性に多くみられます。

7割の女性片側顔面けいれんは、50~70歳代の、特に女性に多くみられる病気です。 女性のかかる割合は、男性よりも多いといわれており、約7割が女性です。

女性片側顔面けいれんは、ほとんどの場合、顔の左右片側、どちらかに起こる病気です。放っておいても、自然に治る病気ではありません。

片側顔面けいれんの主な症状

初期には


女性2主に顔の片方の目の周囲、口がピクピクします。

進行すると


女性3症状が頻繁に起こり、目の周囲や口、ほお、あごの筋肉がひきつります。

高血圧や脂質異常症最近の研究から、生活習慣病である高血圧や脂質異常症の症状がある人では、片側顔面けいれんになる割合が高いことがわかってきました。

症状が出やすいのはこんな時!


緊張している時  
食事の時
笑った時
人と話している時

検査はどう進めるの?

眼瞼けいれんの検査も、片側顔面けいれんの検査も簡単なものです。

まず、患者さんのお話をよく聞きます。

患者さんの話を聞きますどのような症状がどこに、いつ、何回出るか、困っていることは何か、などをお尋ねします。診察中には困っている症状が出ないことも ありますが、お話の中からわかる場合もあります。

まばたきテストなどを行って確認します。

眼瞼けいれんが疑われる場合


軽くて歯切れのよいまばたきができているか、目を開けるのに困難はないかを、まばたきテストで診断します。さらに、患者さんの 訴え以外の病気を見落とさないように、目の検査(視力、目の表面をみる検査など)やドライアイと似ている場合もありますのでドライアイの検査も行います。眼瞼けいれんは、脳内から正しい指令が伝わらず、目の開閉がうまく機能しなくなるものです。普通のCTやMRI検査では異常はみつかりません。

片側顔面けいれんが疑われる場合


目の検査ピクピクが出やすい状態を誘発させて観察することで、診断ができます。さらに、脳内の血管が顔面神経を圧迫している状態はないか、けいれんを起こす別の脳の病気はないかなどを調べるために、頭部のCTやMRI検査を行います。

どんな治療法があるの?

専門医と十分に相談して、自分に合った適切な治療法を選びましょう。

おくすりによる治療

ボツリヌス療法


眼瞼けいれん、片側顔面けいれんの治療にはボツリヌス療法があります。この治療法は、緊張している筋肉に緊張をやわらげるおくすり(ボツリヌストキシン)を注射することでけいれんや収縮の原因になっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。この治療法は世界80ヵ国以上(2012年10月現在)で認可され、広く用いられています。日本では現在、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸などの5つの病気の治療法として認可され、保険適用されています。おくすりの効果はおよそ2~4ヵ月です。効果の期間には個人差がありますので、きちんと医師と症状を相談しながら治療を行います。おくすりの効きすぎで”目が閉じにくくなる”、”まぶたが下がる”などの副作用が起こることがありますが、いずれも一時的なものです。
このような症状が現れた時には、医師に相談してください。

内服薬による治療


眼瞼けいれん、片側顔面けいれんのいずれにも、筋弛緩薬、抗てんかん薬、抗不安薬などの内服薬を使うことがあります。

似た症状には、こんな病気もあります。

眼瞼けいれんと片側顔面けいれんの症状はよく似ていますが、その他にもこれらと似ている症状を示す病気がいくつかあります。

眼瞼ミオキミア


疲れや睡眠不足などがきっかけで、左右片側の上または下のまぶたの筋肉の表面がピクピクしますが、やがて症状は消えます。

ドライアイ


まぶしい、目が乾くなどの自覚症状が眼瞼けいれんと一見似ています。しかし、眼瞼けいれんはドライアイの治療では治りません。

開瞼失行症


いったん閉じたまぶたを開くのが困難になる症状がみられます。眼瞼けいれんと合併することが多い病気です。

チック


片側顔面けいれんと同じようなまばたきや顔しかめなどの症状が出ますが、自分の意思でコントロールでき、けいれんの場所が移動 するのが特徴です。

これらの病気は、それぞれ治療法が異なります。顔の運動異常の症状が現れたら、自分で判断せずに、まずは眼科や神経内科、脳神 経外科などの専門医を受診しましょう。


ひとりで悩まず、ぜひ一度、専門医にご相談ください。

眼瞼けいれんと片側顔面けいれんは、視力を失ったり、生命に関わる病気ではありませんが、そのまま放っておくと、さらに症状が 進行してしまう可能性があります。
緊張したり、心配事があったり、憂うつになると症状が悪くなることがありますので、心を平安に保つことも大切です。


Page Top